Mission

ミッション

「日本に眠る創薬シーズの発掘」

日本の製薬企業・バイオベンチャー・アカデミアに眠っている知財・研究成果・ノウハウを創薬につなげ、世界に向けて発信します。

「難治性疾患の新薬開発」

免疫領域を中心とした難治性疾患に対する画期的新薬を世界の患者様に提供します。

ビジョン

グローバルの創薬環境においてオープンイノベーション化が進む中、日本の創薬環境では下記の課題が浮き彫りになっています。

  1. 有望な創薬シーズの埋没

    近年、日本の製薬企業による事業戦略(重点領域)の見直しが相次いで行われています。こうした見直しの結果、非重点領域の創薬シーズは研究開発が中止されることとなり、せっかくの有望な創薬シーズが未活用のまま眠ってしまっています。
  2. 非臨床試験~前期臨床試験のプレーヤー不足

    日本のベンチャー環境は未成熟で、バイオベンチャー・アカデミアでは資金・人材・創薬ノウハウが不足していることが多く、こうした組織では特に非臨床試験(GLP※に準拠した試験を含む)から前期臨床試験までを推し進めることが難しくなっています。せっかくの画期的な創薬シーズを患者様にお届けするためには、非臨床試験から前期臨床試験までを高いレベルで遂行できるプレーヤーの存在が切望されています。

キュラディムファーマは、こうした課題を解決することを目的として創設されました。
すなわち、非臨床試験から早期臨床開発までを専門的に行う早期開発専門会社として、日本に眠っている有望な創薬シーズを発掘すること、国内創薬の流れを補完することを目指しています。
私たちは、こうした課題解決を通じて、日本発の画期的新薬を世界の患者様に提供し、アンメット・メディカル・ニーズの高い難治性疾患の治療に貢献することを願っています。

※Good Laboratory Practiceの略で、日本語では「医薬品の安全性試験の実施に関する基準」。非臨床安全性試験を適切に実施してデータの信頼性を確保するための基準です。

当社ビジョン(日本の創薬環境の将来像)

当社ビジョン(日本の創薬環境の将来像) 当社ビジョン(日本の創薬環境の将来像)

早期開発(非臨床試験〜前期臨床試験)専門会社

  • 製薬企業において、事業戦略の変更によって重点領域外となった、または重点領域外へのリポジショニング・適応拡大を目指す創薬シーズの受け皿となる
  • 製薬企業(研究特化型・国内特化型など)・バイオベンチャー・アカデミア発の画期的な創薬シーズの引受手となりグローバル開発の専門性を発揮する