Business model

ビジネスモデル

私たちは、非臨床試験から早期臨床開発までを専門的に行う早期開発専門会社というビジネスモデルを通じて、日本に眠っている有望な創薬シーズを発掘すること、国内創薬の流れを補完することを目指しています。

  • 日本の製薬企業・バイオベンチャー・アカデミアから、主に免疫領域におけるアンメット・メディカル・ニーズの高い難治性疾患を対象に、良質でありながらも開発が進んでいない創薬シーズを選別して導入する。
  • 経験豊富かつ専門性の高い人材により、創薬シーズの価値を最大化する研究・開発戦略を策定・実践する。
  • スピードとコストを意識した経営により早期にPOC※を取得し、国内外の製薬企業へ導出する。
※Proof of Conceptの略で、開発コンセプトの妥当性を実証すること。

価値提供

私たちは、「日本に眠る創薬シーズ」にいち早く着目し、このビジネスモデルの先駆けとして事業を進めています。
私たちは、このビジネスモデルを成功に導くため、以下のような価値を提供してまいります。

当社が提供する価値

  1. 良質な創薬シーズを選別する「目利き」の力として、基礎研究から導入評価までの豊富な経験を持つ人材を採用。
    当該人材の得意領域である免疫領域に重点を置くことで、「目利き」の力を最大限に発揮。
    さらに、「創薬ノウハウ」と融合した導入評価を行い、サイエンスの目線だけでなく、開発の目線からも創薬シーズを選別。
  2. 大手製薬企業において非臨床試験や免疫領域におけるグローバル開発の豊富な経験を積んだ人材を採用し、業界でもトップクラスの人材、すなわち「創薬ノウハウ」を確保。
    さらに、「目利き」の力と融合することで、導入時から創薬シーズが持つポテンシャルを把握し、その価値を最大化する開発戦略を構築・実践することが可能。
  3. 少数ながらも各分野の専門家を揃え、これらのメンバーが密接な連携を取ることにより、大きな組織には難しいスピードとコストを意識した経営を実践。
    「目利き」「創薬ノウハウ」という強みを最大限に発揮し、早期のPOC取得を実現。